【切らない・痛くない】眼瞼下垂手術を行う大阪の美容外科

切らない方法が人気!「眼瞼下垂症」の手術とその効果

手軽に目元がぱっちりとした印象に。眼瞼下垂手術とは?

まぶたが重く見える、黒目上部がまぶたで隠れる、それによりおでこにシワが増えたり、肩凝りや首痛に悩むことも増えたなど、眼瞼下垂でお悩みの方はこういった症状にお悩みではないでしょうか。

眼瞼下垂とは、正面から顔をみた時に、重い垂れたまぶたにより黒目の上部がまぶたで隠れてしまい、目が大きく開いたように見えない状態をいいます。

遺伝性の先天的なものや、加齢やコンタクトレンズの使用による後天的に発症したものがあります。

眼瞼下垂の手術は大きく2通りにわかれます。 1つ目は従来の方法である、まぶたや眉毛の下をメスで切開して行う方法です。 こお方法は一般的に昔から行われている方法で、効果が大きいと言われていますが、術後のダウンタイムは最低3か月、平均して半年から1年ほどかかる場合もあり、その効果を実感できるまでは時間がかかります。 メスを入れているため、術後の腫れや内出血、むくみなども大きく、完全に腫れなどが引くのは3か月ほどかかります。

そして2つ目の方法は、最近巷では人気の方法で、メスを使わない、切らない眼瞼下垂の手術です。 この方法は、瞼の裏側にある目を動かす筋肉とそれを支える腱の緩みによって生じた眼瞼下垂の症状を、この緩みを糸で縛ることにより、眼瞼下垂を改善します。

この方法ですと、メスを使わないためまぶたに傷もつかず、抜糸の必要もありません。 術後の痛みやむくみ、腫れもほとんどありませんし、内出血も従来のメスを使う方法と比べ、非常に少ないのです。 そして、術後のダウンタイムが少なく、翌日からメイクも可能です。

切らない眼瞼下垂手術の効果は?

切らない眼瞼下垂手術では、切る方法よりも効果は緩やかなため、自然に目を大きく、ぱっちりとした目元を作れます。 切る方法はダウンタイムが長く、完全に落ち着くまで数か月はかかりますが、この切らない方法では約1~2週間ほどで完全に落ち着き、早々に効果を実感できるでしょう。

目元が少しでも変わると、顔の印象はがらっと変わるものです。 この切らない眼瞼下垂手術は、メスを使う方法に抵抗がある人や時間がない人に手軽で非常に満足のいく手術方法です。

大阪の眼瞼下垂治療クリニック一覧

© 2017 眼瞼下垂手術を行う大阪の美容外科
徹底比較ランキング