切らない眼瞼下垂手術とは?

Pocket

眼瞼下垂とは?

眼瞼下垂とは、まぶたが上がりにくくなり、顔を正面から見たときに、瞼が瞳孔の上部分まで開けられなくなった状態です。
両瞼に発症する場合、片瞼にのみ発症する場合とあります。
眼瞼下垂は大きく2つの種類があり、遺伝や生まれつきなどによる先天的な眼瞼下垂、そしてハードコンタクトレンズや加齢、神経や筋肉の問題などによる後天的な眼瞼下垂に分けられます。

切らない眼瞼下垂とは?

今まで眼瞼下垂を治す方法として主に行われていたのは、まぶたや眉の下を切開して治すのが一般的でした。
メスを使うため、時間もかかりますし痛みもあります。そして、術後のダウンタイムも時間を要します。

その半面、最近では切らない眼瞼下垂の治療方法が人気となってきました。
切らない眼瞼下垂手術とは、糸を埋め込んでいく方法です。
眼瞼下垂は、その多くが目を開けるための筋肉とまぶたをつなぐ腱が緩んで生じます。
この部分に糸を埋め込み、緩んだ腱を引き上げて眼瞼下垂を改善するのです。

切らない眼瞼下垂のメリット

切らない眼瞼下垂は、通常のメスを使う方法と比べ、大きな腫れやむくみなどがあまり生じません。内出血も少なく、術後約1~2週間で完全に落ち着いてきます。
まぶたは一切、切らないのでまぶたに傷が残ることもありません。
抜糸の必要もありませんので、術後の翌日からメイクも可能なのです。

一方、切る方法はダウンタイムも長く、落ち着くまでに半年から1年ほどかかる場合も多く、時間や痛みなどもリスクが大きくなってきます。

切らない眼瞼下垂手術は、切る手術と比べ、大きな効果は出にくいと言われていますが、ダウンタイムやメスを入れるリスクを考えると気軽で受けやすく、安全面も安心できます。
切らない方法でさりげなく短時間でまぶたを引き上げることにより、自然に目をぱっちり見せることができるのです。

眼瞼下垂で悩みながらも、時間が取れない方や、メスを使う方法には抵抗のある方にはこの切らない眼瞼下垂の手術は気軽でオススメの方法です。

© 2017 眼瞼下垂手術を行う大阪の美容外科
徹底比較ランキング