後天性眼瞼下垂とは?

Pocket

まぶたが下がってしまい、黒目の上部がまぶたで隠れてしまっている、そんな眼瞼下垂症には、生まれつきである先天性眼瞼下垂と様々な理由が原因で起こる後天性眼瞼下垂があります。

後天性眼瞼下垂とは?

生まれつきではなく、様々な要因のためにまぶたを引き上げる筋肉や腱が正常に動かなくなった場合、まぶたが垂れ下がったように見えてしまいます。
これを後天性眼瞼下垂と言います。

この後天性眼瞼下垂は、主に加齢での発症がほとんどを占めます。
そのほかにはハードコンタクトレンズの長時間使用、花粉症などで極端に目をこすってしまったこと、ストレスや疲れ、病気などでも発症し、若年層での発症も見られることがあります。

後天性眼瞼下垂の症状

まぶたを持ち上げる眼瞼挙筋という筋肉と、まぶたを支えている挙筋腱膜という腱が緩んでしまうと双方が離れてしまい、まぶたがうまく開けられずに垂れ下がったような状態になります。
この状態を眼瞼下垂といいます。
眼瞼下垂が起こると、まぶたがうまく開かなくなりますので、視界に影響が出てしまう場合があります。
また、目を見開こうとするあまり、不適切な部分の筋肉を使ってしまい、顔やおでこなどのシワの原因となります。そして肩凝りや頭痛の症状も出てきます。

なお、目が腫れぼったく重たく見えるため、美容的にも影響が出てしまいます。

眼瞼下垂には、両目にあらわれる場合と片目にあらわれる場合がありますが、後天性眼瞼下垂は両目に症状が出てしまうことがほとんどです。
ですが、まぶたの垂れは左右で差が出てしまうこともあります。

後天性眼瞼下垂の治療方法は?

後天性眼瞼下垂の治療は、手術での治療のみとなります。
これは、先天性眼瞼下垂も同様で、同じ手術が行われます。
加齢による眼瞼下垂の場合は、まぶたや眉の下を切開し、眼瞼挙筋と挙筋腱膜の緩みをつなぎ直す手術を行うことで改善します。

また、美容外科での手術の場合、切開などは行わずにまぶたの下に糸を埋め込んで引き上げることで、眼瞼下垂を改善する手術方法もあります。

© 2017 眼瞼下垂手術を行う大阪の美容外科
徹底比較ランキング