眼瞼下垂のダウンタイムは?

Pocket

眼瞼下垂の手術には主に2通りあり、一方がメスを使って行う手術、そして一方がメスを使わない糸を埋め込む手術があります。

どちらの方法でも、必ずダウンタイムというものが生じます。

眼瞼下垂のダウンタイム

眼瞼下垂の手術後は、まぶたの腫れや内出血、むくみなどが生じます。
この腫れ内出血やなどが落ち着き、日常生活、もしくは人前に違和感なく出られるまでの期間をダウンタイムといいます。

眼瞼下垂の手術にはダウンタイム時間の差はあれど、必ずダウンタイムが生じますが、手術の方法によってはこのダウンタイムを短くすることも可能です。

・メスを使う眼瞼下垂手術のダウンタイム
メスを使って行う眼瞼下垂の手術は、一般的に術後2,3日が腫れや内出血のピークを迎えます。
そして約1週間ほどで80%ほどの腫れがひき、その後少しずつむくみ等が回復していきます。メイクは約1週間後から可能とはなりますが、傷や腫れがある程度落ち着くまでは控えた方が良いでしょう。
通常、1か月ほどで見た目もかなり回復してきますが、最終的には3か月~6か月ほどで落ち着くようになります。長い人は1年ほどかかる場合もあります。

・切らない眼瞼下垂手術のダウンタイム
まぶたの裏側に糸を埋め込み、メスを使わずに行う眼瞼下垂の手術は、メスを使う方法と比べ、大幅にダウンタイムを短縮することができます。
術後に起こる内出血や腫れも少なく、約1週間ほどで落ち着いてきます。長くても2週間で完全に落ち着きます。
また、翌日からのメイクも可能です。

このように、手術方法によってダウンタイムには差が出てきます。
また、ダウンタイムは人によっては短くなったり長くなったりと個人差が大きい部分でもあります。
元々のまぶたがむくみがちであったり、眼輪筋の緊張が強い方、高齢、また男性の方が長くなりやすい傾向があるようです。

どちらの手術を受けるかは、効果や費用、時間などを考慮して選ばれると良いでしょう。

眼瞼下垂手術を行う大阪の美容外科

恵聖会クリニック

医師名宮里 裕 院長

安全で質の高い効果的な医療を提供できるよう尽力したいと思いますので、多くの患者様のご来院を心からお待ち申し上げます。

体験者の口コミ・評判

K・Hさん 29歳

3つほど無料カウンセリングにいって自分に合っている先生だったのでこちらに決めました。
切らない治療法だったんですが、傷も目立たず二重にもなって嬉しいです。

料金
眼瞼下垂 健康保険適用料金
切らない眼瞼下垂 280,000円
クリニック概要
アクセス
心斎橋院
大阪市中央区東心斎橋1-7-30 21心斎橋ビル8F(心斎橋駅徒歩3分)
京橋院
大阪市都島区東野田町2-3-19 MFK京橋駅前ビル5F(京橋駅1分)
ホームページ http://www.keisei-cs.com/

ヴェリテクリニック

医師名大橋 菜都子 院長

患者様の美しくなりたいという希望を叶えるために、数ある治療方法の中から最適な治療方法をご提案させて頂き、外見だけではなく内面からも美しく輝けるお手伝いをさせて頂きたいと思います。

体験者の口コミ・評判

A・Iさん 36歳

女性の先生にお願いしたくてここを見つけました。眠たそうな目になってしまっていたんですが、綺麗にしてもらえてよかったです。

料金
眼瞼下垂(挙筋短縮術) 600,000円
クリニック概要
アクセス 梅田
大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル 18階
ホームページ https://www.veriteclinic.or.jp/

つかはらクリニック

医師名塚原 孝浩 院長

患者さま一人一人と向き合い、悩みに対し丁寧なカウンセリングと治療を心がけ診療してまいります。

体験者の口コミ・評判

S・Tさん 41歳

年齢を重ねて瞼がさがってきたと不安になりここのクリニックで相談したところ眼瞼下垂と診断され、その流れで予約をして手術までお願いしました。目も大きくなって早めに手術に踏み切ってよかったです。

料金
両眼(保険適用 ) 約50,000円
クリニック概要
アクセス 天王寺
大阪市天王寺区悲田院町9-20 阿倍野橋ビル3階
ホームページ https://www.tsukahara-clinic.com/
© 2017 眼瞼下垂手術を行う大阪の美容外科