眼瞼下垂のダウンタイムは?

Pocket

眼瞼下垂の手術には主に2通りあり、一方がメスを使って行う手術、そして一方がメスを使わない糸を埋め込む手術があります。

どちらの方法でも、必ずダウンタイムというものが生じます。

眼瞼下垂のダウンタイム

眼瞼下垂の手術後は、まぶたの腫れや内出血、むくみなどが生じます。
この腫れ内出血やなどが落ち着き、日常生活、もしくは人前に違和感なく出られるまでの期間をダウンタイムといいます。

眼瞼下垂の手術にはダウンタイム時間の差はあれど、必ずダウンタイムが生じますが、手術の方法によってはこのダウンタイムを短くすることも可能です。

・メスを使う眼瞼下垂手術のダウンタイム
メスを使って行う眼瞼下垂の手術は、一般的に術後2,3日が腫れや内出血のピークを迎えます。
そして約1週間ほどで80%ほどの腫れがひき、その後少しずつむくみ等が回復していきます。メイクは約1週間後から可能とはなりますが、傷や腫れがある程度落ち着くまでは控えた方が良いでしょう。
通常、1か月ほどで見た目もかなり回復してきますが、最終的には3か月~6か月ほどで落ち着くようになります。長い人は1年ほどかかる場合もあります。

・切らない眼瞼下垂手術のダウンタイム
まぶたの裏側に糸を埋め込み、メスを使わずに行う眼瞼下垂の手術は、メスを使う方法と比べ、大幅にダウンタイムを短縮することができます。
術後に起こる内出血や腫れも少なく、約1週間ほどで落ち着いてきます。長くても2週間で完全に落ち着きます。
また、翌日からのメイクも可能です。

このように、手術方法によってダウンタイムには差が出てきます。
また、ダウンタイムは人によっては短くなったり長くなったりと個人差が大きい部分でもあります。
元々のまぶたがむくみがちであったり、眼輪筋の緊張が強い方、高齢、また男性の方が長くなりやすい傾向があるようです。

どちらの手術を受けるかは、効果や費用、時間などを考慮して選ばれると良いでしょう。

© 2017 眼瞼下垂手術を行う大阪の美容外科
徹底比較ランキング