眼瞼下垂の手術費用は?

Pocket

老化や病気、目の酷使など様々な理由にてまぶたが下がってしまい、目がしっかりと見開きしづらくなる眼瞼下垂症。
この眼瞼下垂症になると、残念ながら手術でしか治すことはできません。

では、眼瞼下垂に行われる手術は、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

切開による眼瞼下垂の手術費用

一般的に、眼瞼下垂の手術にはまぶたや眉下を切開し、まぶたを引っ張る筋肉や腱の緩みを改善する手術が行われます。

この手術は一般の病院、美容外科クリニックとどちらの場所でも受けることができます。
基本的には、手術内容は一般の病院でも美容外科クリニックでも同じものになります。
保険適用でない自由診療でこの手術を受ける場合は、クリニックにもよりますが相場としては30~50万円ほどになります。

美容外科では美容的な観点からの手術にも対応してもらえるので、同時に追加で二重にしたり、まぶたの脂肪を除去したりもでき、オプションによって費用は変わってきます。

切らない眼瞼下垂の手術費用

最近人気なのが、メスを使わずに糸を瞼の裏側に埋め込んで眼瞼下垂を改善する切らない方法があります。
この方法は、基本的に美容外科のみで行われる方法です。
そして、美容目的な観点からの手術となりますので、保険は適応されません。

こちらも費用はクリニックにもよりますが、相場としては40~50万円ほどになります。

健康保険適用になる場合の手術費用

眼瞼下垂は保険適応になるケースも多く、保険適応になった場合は大幅に手術費用を抑えることができます。
保険適応になった場合の費用は、4~5万円になります。
これは一律の料金であり、どこの病院に行っても金額は同じです。
通院回数や投薬代によっては追加料金がかかります。

保険適応にするためには、保険適応にできる一般の病院か、美容外科でも保険適応を行っているクリニックに行き、「眼瞼下垂症」を患っているという医師の診断を受ける必要があります。

眼瞼下垂を保険適応にできるのは、目安としては生活に支障をきたすレベルということになります。目の見開き具合からいうと、黒目の半分ほどがまぶたで隠れている状態なら保険適応になるケースが多いでしょう。

なお、車の運転がしづらい、肩凝りがひどく日常生活が送りづらい、視界が遮られ物が見にくいなど、こういった場合も保険適応になる可能性が高くなります。

保険適応になった場合は、保険が適応しない場合と比べて10倍ほどの値段を抑えることができますし、できることなら保険適応で手術を行いたいですね。

© 2017 眼瞼下垂手術を行う大阪の美容外科
徹底比較ランキング