眼瞼下垂の手術:挙筋短縮法

Pocket

眼瞼下垂の挙筋短縮法とは?

眼瞼下垂は、まぶたを引き上げる筋肉の低下や、まぶたの筋肉を引き上げるための腱の緩みや伸びすぎが原因で起こります。
眼瞼下垂の手術には、挙筋短縮法と言われる、伸びきったり緩んでしまった眼瞼挙筋の一部を切除して結合しなおす手術があります。

この方法では、弱くなったまぶたをひきあげる筋肉を弱い力でも引き上げるようにでき、眼瞼下垂の症状を大幅に改善することができます。

挙筋短縮法のメリット・デメリット

眼瞼下垂の程度は、筋肉や腱の低下や伸び具合で変わってきますが、この挙筋短縮法であれば重度の眼瞼下垂の場合でも対応ができ、大きく改善することもできます。

まぶたの外側の皮膚を切開して行う方法と、まぶたの裏側から切開していく方法の2種類があり、まぶたの外側の皮膚を切開する場合は同時に二重にできるメリットもあります。
また、まぶたの裏側を切開する場合は、傷が顔表面には残りにくいというメリットもあります。

ただ、挙筋短縮法にて眼瞼挙筋の一部を切除する際、体全体の交感神経を左右するミュラー筋と眼瞼挙筋は重なっていますので、このミュラー筋を傷つけてしまう可能性があります。
このミュラー筋を傷つけてしまうと、目が半開きの状態になったり、体全体の交換神経が正常に機能しないリスクを伴いますので、十分に信用のできるドクターを探す必要があります。

最近ではこういったリスクにより、重度の眼瞼下垂以外では他の方法を選択し、この挙筋短縮法を行っていないクリニックも増えています。

挙筋短縮法の種類

挙筋短縮法には2種類の手術方法があります。
切開箇所が変わってきますが、どちらの方法も瞼を引き上げる筋肉とそれに結合した腱の緩みを一部切除して短くし、結合しなおす方法です。

・まぶたの表面の皮膚から切開していく方法
まぶたの表面の皮膚から切開していきますので、傷が残りやすいというデメリットがあります。ですが、術後のダウンタイムは比較的短いというメリットもあります。
・まぶたの裏側(結膜)から切開していく方法
まぶたの裏側、つまり結膜側から切開をしていきます。
まぶたの裏側からの切開ですので、傷が顔の表面に残りにくいというメリットがあります。ですが、ダウンタイムは長くなるというデメリットもあります。

© 2017 眼瞼下垂手術を行う大阪の美容外科
徹底比較ランキング