眼瞼下垂の病院の探し方

Pocket

眼瞼下垂の手術を行う際、病院選びも重要な事柄になります。

眼瞼下垂の手術方法や費用、そしてアフターフォローなど、選ぶ病院によって内容も少し変わってきます。

では、どのような病院での治療がおすすめなのでしょうか?

病院の探し方? 保険適応になるか?

眼瞼下垂の手術を行う場合、眼瞼下垂の程度によっては健康保険が適応になることもあります。
健康保険内での手術が可能であれば、3割負担として約4~5万円ほどの費用になります。
一方、健康保険適応外であれば、10倍ほどの費用がかかり、相場としては40~50万円ほどの費用がかかります。

眼瞼下垂手術を保険適応で受けられるのは、「生活に支障をきたすレベル」であることが必須条件となり、医師の診断にゆだねられることになるのですが、目安としては車の運転がしにくい、黒目の半分ほどがまぶたで隠れているなどの症状があれば一般的には保険適応になるようです。

保険適応になる場合は、一般の病院、もしくは保険適応をしている美容外科を選ぶことが必要になります。

病院の探し方② 美容的観点、生活的観点どの部分に重点を置くか?

上記のように保険適応で手術を受けられる場合、その目的は「生活レベルを改善する」といった観点からの手術となります。

あくまでも視界を見えやすくする、生活レベルを向上させることを目的としており、美容的な観点からの手術は受けられません。
手術の際の目のバランスや形などの注文は受けられません。

目を左右対称にし、なおかつ二重に揃えたい、まぶたの脂肪をとりたいなど、美容的な理由を目的とする場合は、美容外科クリニックでの自由診療での治療が望ましいでしょう。

どちらの観点を重要視するかによって、病院選びは変わってきます。

病院の探し方③ 実績がある医師を選ぼう

眼瞼下垂手術には、メスを使って切開をしていく方法と切らずに糸を埋め込む方法などがあります。
糸を埋め込む方法は、比較的軽度の眼瞼下垂の方に多く、仕上がりも切開方法よりも大きな変化は期待できません。
また、糸のゆるみなどのトラブルが起こることもありますので、アフターフォローなどがしっかりしているクリニックを選ぶ方が良いでしょう。

切開をしていく方法で受けられる場合も、目の周りの重要な神経や筋肉をさわってしまい、後遺症などのトラブルに悩むこともあります。

どんな手術方法であれど、実績があり、同じ症例を多く診てきた経験のある専門医に診てもらったほうが安心できるでしょう。
また、美容外科での手術を受けられる場合は、アフターフォローがしっかりしているクリニックを選ぶようにしましょう。

© 2017 眼瞼下垂手術を行う大阪の美容外科
徹底比較ランキング