眼瞼下垂の症状は?

Pocket

先天的な理由や加齢など後天的な理由で起こる眼瞼下垂症。
眼瞼下垂の症状はどのようなものがあるのでしょうか?

眼瞼下垂の症状

眼瞼下垂になると、まぶたが以前よりも開かなくなり、黒目の上部がまぶたで隠れて見えないなどの症状があらわれます。
眼瞼下垂は、まぶたを引き上げるための眼瞼挙筋と言われる筋肉と、それに結合
するまぶたの腱が緩むことで生じます。

・視野がせまくなる
まぶたが瞳孔を覆うため、その分視界が狭くなってしまいます。

・目が小さくなる
瞼が垂れてしまうため、その分目が小さくなってしまいます。

・頭痛や肩凝りが出る
視野が狭くなってしまったことや、片目だけ眼瞼下垂が進んでしまった場合など、目を凝らして物を見たりするため、頭痛や肩凝りの原因となります。

・眼精疲労が出やすくなる
視野が狭くなると目を凝らしてしまうため、眼精疲労が出やすくなります。

・視力低下
眼精疲労や頭痛、肩凝りが慢性化すると、視力の低下につながります

・老けて見える
まぶたが下がってしまうため、目元が老けて見えます。

・おでこのシワの原因となる
視野が狭くなることや、片目だけ目を凝らすことにより、使うべきではない筋肉にも力が入り、目を見開こうとするあまり、おでこのシワを作る原因となります。

・全般的に、美容的な部分に悪影響が出る
垂れたまぶた、小さくなった目など、美容的な悪影響も否めません。

眼瞼下垂の原因は?

眼瞼下垂の原因は、主な部分では加齢が大半を占めます。
ですが、年齢の若い人でもなることもあるのです。
花粉症やアレルギーなどでよく目をこする場合、コンタクトレンズの長期使用、病気やストレスなどから眼瞼下垂があらわれてしまうこともあります。

最近、まぶたが垂れてきた、視野が狭くなった等の症状が出ていても、眼瞼下垂であることに気づかれていない方が多いのも現状です。
放置していると、症状はどんどん悪化してしまいます。

少しでも違和感や不安があれば、専門医の診察を受けることが大切です。

© 2017 眼瞼下垂手術を行う大阪の美容外科
徹底比較ランキング