眼瞼下垂は保険適用可能?

Pocket

まぶたが開きにくくなり、視界を遮ったり、美容的にも見た目に影響が出てくる眼瞼下垂。

この眼瞼下垂を改善するには、手術で治す方法が一般的です。
では、眼瞼下垂を治す手術を受ける場合、保険は適応されるのでしょうか?

眼瞼下垂の手術が保険適応になる場合

眼瞼下垂の手術は、一般の病院で行われる場合と、美容外科クリニックで行われる場合の2通りあります。
基本的に、美容外科での施術は保険適用外になります。

また、眼瞼下垂症には症状の程度に個人差があります。
軽度~重度までの症状によって分類されますが、基本的に医師の判断によって保険適応になるかならないかが変わってきます。
そして一般の病院にて医師が「日常生活に支障をきたすレベル」だと判断した場合のみ、眼瞼下垂症として診断され、手術には健康保険が適応されるようになります。

一般的に、黒目部分が半分以上まぶたによって隠れている場合は、健康保険が適用されることが多いようです。
ですので、実際に保険適応になるかどうかは病院に行き、症状を医師に診察してもらう必要があります。

保険適応になる場合の注意点

健康保険が適用されて眼瞼下垂の手術を受けられる場合に注意すべき点があります。
それは、美容クリニックで行う「美容的な見た目も考慮した手術」ではなく、あくまでも「日常生活を改善するために行う手術」だということです。

美容外科で行う手術も、一般の医療機関で行う手術も基本的には同じです。
美容外科では両目を左右対称に美しく見せるために、眼瞼下垂手術の際に追加で二重手術やまぶたの脂肪を取り除く施術を行われることも多いのですが、一般の医療機関で行う保険適応の手術ではこういった追加の手術はできません。
そして、術後に美容的な問題が生じた場合も、手術の修正等もできません。

保険適応になるメリットは?

眼瞼下垂症の手術を健康保険適応で受ける場合のメリットは、やはり費用的な面でしょう。

保険適応となると、3割負担の場合は約4~5万円程度の自己負担費用で手術を受けられます。この費用は一律で決まっており、どの病院に行っても同じ金額になります。ただしこれは手術費用のみで、通院回数や処方される投薬料は含まれていません。

なお、美容クリニックでの手術の場合は、平均相場は約40~50万円ほどかかり、費用面で大きな差が生じます。

丁寧な治療が受けられる恵聖会クリニック

恵聖会クリニックは切らない眼瞼下垂治療を行っていて、手術時間も1時間以上かかります。
プチ整形のように早い安いお手軽な整形ではなく、丁寧で安全な治療を心がけているからこそ時間をかけているそうです。

評判が良く紹介やリピーターが多いクリニックで、眼瞼下垂の実績も5,000件以上あるので安心して治療をお願いできます。

© 2017 眼瞼下垂手術を行う大阪の美容外科
徹底比較ランキング