眼瞼下垂手術の後遺症

Pocket

眼瞼下垂手術の後遺症は?

垂れ下がったまぶたにより、視界や外見的にも支障があったものも、手術により改善することができます。
ですが眼瞼下垂の手術によって眼瞼下垂が改善した場合でも、後に後遺症に悩まされることもあるようです。

眼瞼下垂の後遺症とはどのようなものがあるのでしょうか?

目が閉じにくくなる
眼瞼下垂の手術を行った際、最も多い後遺症が目が閉じにくくなることです。
術後の腫れや内出血などにより、目が閉じにくくなることは仕方がないのですが、ダウンタイムが終了した後もまれに目が閉じにくくなることがあるようです。
目が閉じにくくなると、まぶたを閉じても数ミリほど開いて見えるようになることもあり、特に就寝中に目が閉じ切っていないと乾燥したり、目のトラブルになりかねません。

挙筋短縮法などにより、伸びきった腱を短くする際にミュラー筋と呼ばれる副交感神経の筋肉を傷つけてしまう場合があります。
その場合も、目がうまく閉じれないなどの後遺症になるリスクを伴います。

片頭痛や肩凝り
上記のように副交感神経の筋肉を傷つけた場合、片頭痛や肩凝りの後遺症が出てしまうことがあります。

目の違和感
切らずに糸でまぶたを引き上げる手術の場合、この糸を引っ張りすぎていると目が閉じにくくなったり、逆に時間がたつにつれて糸が緩み、まぶたが再度下がってくることがあります。
また、まぶたの裏側に埋め込んだ糸が結膜と触れてしまい、目がごろごろと違和感が出てくることもあります。

両目のバランスが崩れる
保険適応で手術をした場合は、日常生活を向上することを目的としていますので、美容的な観点からの手術は行われていません。
ですので、左右の目が非対称であったり、二重のラインが変わってしまったりと見た目が悪くなってしまうこともあります。ですが、保険適応の場合は美容的理由か修正らのはできません。

後遺症に悩まないためには

このように、眼瞼下垂の後遺症はまれに出ることもありますので、手術を受ける病院、ドクター選びには細心の注意が必要です。

特に、挙筋短縮法など他の神経にリスクを伴う手術方法を選ぶ場合は、信頼のおける名医などにお願いすることが望ましいでしょう。

© 2017 眼瞼下垂手術を行う大阪の美容外科
徹底比較ランキング