筋膜移植術とは?

Pocket

眼瞼下垂の治療法は、手術で改善することが多いのですが、その手術にもいくつか方法があります。

一般的には、まぶたの上皮膚や裏側の皮膚を切開し、伸びてしまった挙筋を短縮して再度結合をする挙筋短縮法や切らないで糸を埋め込んでいく方法などが良く見られますが、重度の先天性眼瞼下垂の治療法として、筋膜移植術という方法をとることがあります。

筋膜移植術とは?

重度の先天性の眼瞼下垂の場合、まぶたを持ち上げる筋力が全くないというケースがあります。その場合、まぶたはほぼ閉じられたような状態であり、生活にも非常に支障をきたします。
まぶたを持ち上げる筋力や腱の機能が全くない状態ですと、上記にあげた一般的な方法では改善できません。

そこで行われるのが筋膜移植手術です。

この手術は、一般的に太ももの大腿筋膜か、側頭の深側頭筋膜を使用し、まぶたをひきあげる筋膜として移植するのです。

まぶたを二重のラインに沿って切開し、そこから移植した筋膜をはめ込み繋いでいきます。

この手術方法は、多くは重度の先天性眼瞼下垂を持った小児に行われます。
この方法により、生まれつき目を開ける筋力がない場合も通常の人と同じようにまぶたを開いて生活ができるようになります。

予後や後遺症などは?

手術自体は1日で終わる手術にはなりますが、移植となるため、回復には通常の切開手術よりも多くの時間を要します。
術後は腫れや内出血が多く、術後1週間~2週間ほどは痛みも伴います。
まぶたの抜糸に1週間、太ももの抜糸には2週間ほど必要になります。
傷が完全に収まり、落ち着くまでには約2,3か月が必要となります。

術後の後遺症としては、まぶたは自由に動かせるようになったものの、瞬きなどのまぶたの素早い動きが不自然になってしまう点があります。
目を閉じる瞬間の動きが、通常の筋膜ではないのでまぶたの動きに必要な伸び縮みに限界があり、そのために目を閉じた瞬間に動きがぎこちなかったり、完全に目を閉じることができないなどの点が課題とされています。

© 2017 眼瞼下垂手術を行う大阪の美容外科
徹底比較ランキング