眼瞼下垂手術を行う大阪の美容外科 > 眼瞼下垂の基礎知識 > 簡単!眼瞼下垂のセルフチェック

簡単!眼瞼下垂のセルフチェック

Pocket

加齢や生活習慣などによって起こるまぶたの下垂・眼瞼下垂。
症状が進むと外見的に違和感を感じる人も多いと思いますが、軽度であれば自覚症状もそれほどなく、意外と知らないうちに眼瞼下垂になっている方は多いのです。

自分が眼瞼下垂かどうか気になる場合、まずはセルフチェックをしてみましょう。

眼瞼下垂になりやすい人の特徴

眼瞼下垂になりやすい人の特徴がいくつかあります。
以下の項目でなりやすい人の特徴を上げています。

・ハードコンタクトレンズを長期間しようしている人
・パソコンなどを長時間使う人
・濃いアイメイクをされる人
・花粉症などで目をこする癖にある人
・逆まつげの人
・慢性的な眼精疲労・肩凝り・頭痛を持っている人
・過去に目の周りの美容整形を受けたことのある人

眼瞼下垂のセルフチェック

眼瞼下垂のセルフチェックは簡単にできます。
以下の項目を確認してみてください。

・まぶたに重みを感じる

・以前と比べてまぶたが下がったように見える(目が小さくなった)

・コンタクトレンズを長期間使用している(特にハードコンタクトレンズ)

・頭痛がある

・肩凝りがある

・おでこに深いシワがある

・パソコンなど目を酷使する時間が多い

・上まぶたにくぼみがある

・目をよくこする

・眼精疲労が強い

・極度の逆まつげがある

この項目で5項目以上あてはまる場合は、眼瞼下垂の可能性があります。

上記の項目で5つ以上あてはまる方は、以下のことも確認してみましょう。

?鏡を正面にし、目を閉じる。
②まぶたを閉じたまま、眼球を下に向けて下を見る。
③そのままおでこの力を完全に抜く。
④眉の上に両指の人差し指を置き、眉毛が動かないように軽く押さえる。
⑤そのままゆっくりとまぶたを開く。
眉を上げる際は、指で押さえている力に抵抗させて眉を動かさないよう注意してください。

この状態で、黒目にまぶたが覆いかぶさっているかどうかを確認してみてください。
黒目(瞳孔)にまぶたがのっている場合は、眼瞼下垂症の可能性が強まります。

これら2つのセルフチェックで眼瞼下垂の可能性があると思われた方は、早めに専門医の受診を受けましょう。

© 2017 眼瞼下垂手術を行う大阪の美容外科
徹底比較ランキング