眼瞼下垂手術を行う大阪の美容外科 > 手術のできる病院一覧 > 3次救急医療機関として大規模な医療センター!大阪市立総合医療センター

3次救急医療機関として大規模な医療センター!大阪市立総合医療センター

Pocket

大阪市立総合医療センターの特徴

大阪・都島にある大阪市立総合医療センターは、救命救急医療、災害拠点病院、感染症指定医療機関、がん診療連携拠点病院、小児・周産期医療、高度・専門医療などありとあらゆる部門での診療ができる大規模な高機能病院として知られている医療機関です。

58もの診療科の他、各種専門外来や診療支援部門なども設け、24時間365日乳幼児から高齢者まで重病患者も含めた受け入れを行っています。

専門分野においても最新鋭の機器や医療技術を擁し、多くのスペシャリストがそろうこちらのセンターは、様々な疾患を持つ人々に日々多くの診療を行っています。

大阪市立総合医療センターの眼瞼下垂手術

大阪市立総合医療センターでは、形成外科にて先天性眼瞼下垂や睫毛内反症などの疾患に対し、小児眼科と連携して多くの症例を診療しています。
合併症などの有無や精密検査などを行い、様々な病態を確認後、年齢や症状にあわせた適切な治療を行っていきます。
先天性眼瞼下垂の手術としては、特殊なナイロン糸でつりあげていく吊り上げ術や、太ももの筋膜を移植してまぶたを開く筋膜移植法で症状を改善していきます。

また、成人の腱膜性の眼瞼下垂の治療も行っています。
病態の検査をした後、症状によってどの治療方法が適切か確認し、のびてしまった眼瞼挙筋を短く縫い縮める「挙筋タッキング法、短縮法」のびた余分な皮膚を切除していく「余剰皮膚切除術」を行っています。

こちらのセンターは保険の効く一般の医療機関ですので、どちらも保険適応での手術が可能です。

大阪市立総合医療センター
大阪市都島区都島本通2-13-22
06-6929-1221
診療時間:受付 平日8:45~11:00 診察時間 平日9:00~17:00
土日祝日・年末年始休診
HP: http://www.osakacity-hp.or.jp/ocgh/

© 2017 眼瞼下垂手術を行う大阪の美容外科
徹底比較ランキング